形相にはりを取り返す!顔ヨガを通してみた

年齢を重ねるに連れて気になってくるのが外見の筋肉のたるみだ。中でも目のあたりなどはハリがないと目元まで悪くなってしまい、顔本編が暗くなるので悩みになっていました。疲れてる?なんてお客に訊かれるといったなかなかくぼみます。

自分の中ではしょっちゅう口角を上げているようにするとか、お客と話す時は顔豊かにするなど外見の筋肉を使うように気をつけてあるつもりでした。ただし重力には損するものです。その程度の留意では直しません。

そんな時に気になったのが外見ヨガでした。テレビジョンなどで頻繁に紹介されていたので、ネットで調べていくつかの外見の体操を試してみました。これがよりくたびれるんです。外見の使っていない筋肉を移すので外見が筋肉痛みたいになります。

別に目のあたりですが、まぶたの周辺や裏の筋肉って暮らしではまぁ扱うことがないんですね。そこを意識して動かします。鏡を見ながらやり遂げるのが良いようですが見たこともない顔になるのでまさか笑ってしまいます。

そして楽しみながら毎日数分を二週ぐらい続けると気持ち目のあたりがスッキリしてきたような傾向がありました。慣れると鏡がなくても家事の合間などに思い出してはやっていたので実際のインパクトのあたりはわかりません。

映像を撮ってビフォーアフターがわかるように記録しておけば良かった、と思いましたが顔が悪いとは言われなくなったので良しについてにしました。今度は映像で改善が見られるようにして再チャレンジしてみたいだ。妊婦さんになったら気をつけたい妊娠線の出来やすい人とは?

形相にはりを取り返す!顔ヨガを通してみた