美肌スキンケア作り
美肌スキンケア作り > 美肌対策 > スキンケアに頼らない美肌を保つコツ

スキンケアに頼らない美肌を保つコツ


58871f7be67839f94166bdf25a0783ef_s

年を重ねるにつれて気になってくる肌のトラブル。肌のトラブルがひどくなると人前に出るのすら億劫になってしまいます。しかし、子供の頃から美肌を意識していた人は少ないはずです。それなのに子供はスキンケアをしなくてもつるつるの美肌を保っています。

大人の美肌対策で行なわれるスキンケアは、肌を美しく保つ補助的役割でしかありません。その証拠に、いくらスキンケアを正しく行なっていても効果が現れない人も多いのです。

ここで紹介する美肌を手にいれる方法こそが、本来の肌の力を活かした美肌対策です。化粧品や美肌対策グッズなどに頼らずに張りとつやのある美肌を手に入れるにはどうしたらいいのでしょうか。

肌本来の力を活かした美肌対策

赤ちゃんの肌を見て、触りたいと感じたことがある人も多いでしょう。赤ちゃんの肌は実にすべすべしていてもっちりとした理想的な肌をしています。しかし、年齢を重ねるにつれて、肌の機能が衰えたり、肌に汚れが蓄積したりして、大人になると肌トラブルを引き起こす人も多いのです。

今は美肌や美容などに注目している人が多く、実に多くの美肌対策用品が販売されています。しかし、この美肌を得るはずのグッズで肌のバリア機能を壊してしまったり、新陳代謝を妨げてしまっているケースが多いのです。

では、スキンケアに頼らない美肌対策とはどうしたらいいのでしょうか。

まずは今までのスキンケア用品を見直してみましょう。肌に良くない添加物が含まれていたり、似たような成分の化粧品を重ね塗りしていたりしていませんか。このような過剰なスキンケアをやめ、肌本来の機能を回復させることが大切です。

また、肌を美しく保つには食事も大切です。腸の働きを良くする食べ物は体から毒素を排出する手助けをします。また、肌の成分となるタンパク質を多く含む食事を積極的に取りましょう。水分もしっかりと取ります。22時から4時までは栄養の吸収タイムなので、この時間帯は食べ物を摂取しないようにします。

睡眠不足は肌に悪いという話は有名ですが、きちんと睡眠をとることで就寝中は余計な代謝を使わずに済み、その間に肌を再生したり、身体をリラックスした状態に保ちます。

運動も大切です。運動によって体の内部から温め、血行を促進します。血行が促進されることによって摂取した栄養が体の隅々まで届くようになります。また、適度な運動はストレス解消にも役立ちますので、美肌を保ちたい人にはぜひお勧めです。

ストレスは心にも身体にも肌にも良くありません。ストレスを溜め込まないように、上手な発散方法を見つけましょう。適度な運動の他、好きな音楽を聴いたり、好きな香りをかいだり、自分が好きなことをできる時間を作ることでストレスを軽減スrつ事ができます。

最後に、美肌のために色々しているけれど長続きしない、楽しくないと言う人には、日記をつけることをお勧めします。字を書くのが苦手であれば、ブログやSNSサービスを利用してもいいのです。自分が美肌を意識していろんなことをしていることを書き記すことによって、自分で振り返る事ができるほか、同じく美肌を目指している人たちとの交流もできます。